FXは様々な取引の方向性がある

FXはどんな取引になるのか、といえば為替の強弱を把握してどちらに進むのかということを予想するということになります。

相場の投資というのは基本的に予想をするということになるわけで安定していることが重要というわけではなかったりするのが難しいポイントになったりします。FXにおける大事なことはそこになります。

ただし金利差などを利用して大きく利息を貰うという方法もあります。
日本では金利なんて微々たるものになっているわけですが海外では5%から10%ぐらいの年率で、とやっているところはよくあったりします。

その国の通貨にして利息だけもらっていくということができるわけです。FXのよいところは証拠金取引であるということであり、利息はせいぜい5%から10%くらいということになるでしょう。
証拠金を入れてレバレッジで倍率をかけることによって利率としては少ないとしても学年的に大きくするということができるわけですから、金利差を狙った取引というのもFXの魅力になっています。
しかしやはりキャピタルゲインを狙うというのが良かったりするわけでこれはFXにも言えることになります。

キャピタルゲインというのは売却益ということであり、要するに取引をして利益を出すということであり利息とか金利とかそういうことではないわけです。
FXで扱う通貨というのは色々とあるのですが人気になっているのは実は安定しているものというわけではなく、値動きが激しい方が人気があったりします。

なぜかと言いますとその方が何と言っても利益につながる可能性というのが高くできるからです。そうしたところがまずは魅力であるといえるでしょう。スイスフランとかイギリスのポンドなどが人気というのはそういうことが理由になっています。

だからといって自分がFXをするときにはそういうところを狙っていくべきであるのかと言うとそんなことはありませんので、安全を重要視して取引をしたいと言うのであればそれはまたそれでFXとしては悪いことではないです。

ある意味で、それはとても大変なことではあるのですが、何もリスクを常に負う必要性があるわけではないです。
FXでは、特定の通貨相場が明確に動きやすい時期というのがあったりします。例えばアメリカの雇用統計などはそうしたことが明確です。
そうした時期だけに取引をするというのもやり方としてはFXにおける常道になっています。FXは常にリスクばっかりあるわけではないのです。

タイトルとURLをコピーしました